5,400円以上のお買い物で送料無料!
  • カタログのご請求はこちらから
  • 広島千茶荘古江店 手作りみしん工房ブログ
  • 広島千茶荘スタッフブログ

玄米茶・ほうじ茶の淹れ方

香ばしさが命のお茶は、熱湯を香が一気に立ち上げるように淹れるのがコツです。

茶葉の量 適温 蒸らし時間
6g 約100℃ 0~10秒
STEP 1

熱湯を急須に注ぎ、急須を温めた後に、その湯を湯のみに注ぎ、湯のみも温めます。器が温まったらその湯は捨てます。

◆器を温める理由
急須をあらかじめ温めることにより、急須の中の温度を均一化し、茶葉のうまみを抽出することが出来ます。
STEP 2

茶葉をティースプーン2杯分いれ、熱湯を入れます。そうしたら手早く湯のみに注ぎましょう。

◆ほとんど蒸らさない理由
ほうじ茶は熱いお湯で出すので、茶葉の苦味を出さないために、ほとんど蒸らさないほうが美味しく出せます。

お電話・FAXでも
ご注文承ります。

フリーダイアル0120-035357

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

FAX0120-166033